<   2018-06   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
| Next»
2009年08月14日 15時17分

只今、お盆の真只中・・・。

我が家でも昨日の夕刻に玄関先で「迎え火」をたきました。

ご先祖様が迷わず帰ってこられるように・・・。

この「迎え火」をするご家庭も最近ではあまり見かけなくなりました。

昔からお盆には「地獄の釜も開く」といわれ、この期間だけは地獄から

一時帰宅が許されるとのことです。

null

今日はお盆について書いていきましょう。

正式には「盂蘭盆会」(うらぼんえ)といい、それを「盆会」「お盆」

「精霊会」(しょうりょうえ)、「魂祭」(たままつり)、

「歓喜会」などともよんでいるそうです。

仏典の「盂蘭盆経」には次のような話が説かれています。

夏安居(げあんご)の最中、神通第一の仏弟子の目連尊者が亡く

なった母親の姿を霊視すると、餓鬼道に堕ちているのを見つけた。

喉を枯らし飢えていたので、水や食べ物を差し出したが、ことごとく

口に入る直前に炎となって、母親の口には入らなかった。

哀れに思って、お釈迦さまに実情を話して方法を問うと、

「安居の最後の日にすべての比丘(びく=修行僧)に食べ物を施せば、

母親にもその施しの一端が口に入るだろう」と答えた。

その通りに実行して、比丘のすべてに布施を行い、比丘たちは飲ん

だり食べたり踊ったり大喜びをした。すると、その喜びが餓鬼道に堕ち

ている者たちにも伝わり、母親の口にも入った。

このお経が元にお盆の風習になったとか・・・。

お盆の期間は、親族や友人達と再会し、食べたいなと思う御馳走を

食べて仲良く歓談することが、亡き霊達の想いを代わりにとげて

あげる供養の良い機会になります。

みなさん、お盆の間ぐらいは、ご先祖さまを思い出しましょう。

 
2009年07月01日 18時34分

今日は七月一日・・・恒例の朔日参りをしてきました。

春日神社では昨日の夕刻よりの夏越(なごし)祭りがおこなわ

れていて、今朝の境内にも、茅の輪がそのまま置かれていました。

null
・・・参考写真・・・

夏至のころは一年の内で最も太陽の出ている時間が長く、

夜が短い時期です。

太陽神を頂点とする日本の神道では、とても重要な日です。

ちょうど1年の半分に当たる夏至に、天照太御神様の神気を

日本全国の神社に充填する日です。

神社において、夏越の大祓(なごしのおおはらえ)の行事が

全国で行なわれています。

夏越の大祓では、多くの神社で「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」が

行われます。これは、氏子達が茅草(かやくさ)で作られた大き

な輪の中を左まわり、右回り、左まわりと八の字に三回通っ

て穢れを祓うものです。

私も今朝は、この茅の輪をくぐってきました。

はたして、半年間の罪穢れは祓われたでしょうか・・・:ase:

 
2009年04月26日 11時11分

null

お釈迦さまの悟りの一つに・・・・縁起の法・・・があります。

これある故に、あれあり 

    これ起こる故に、あれ起こる

      これ無き故に、あれ無く 

         これ滅する故に、あれ滅す・・・
 
     
一切の存在は、相互に因となり縁となって、

相依り相まって存在する道理をいいます。


縁起の因果論 

われわれの迷いの現実、苦の自己がどうして成り立っていくかという

原因根拠を追求していく因果関係 。

 因 (直接原因)

 縁 (間接原因)

簡単にいえば、水(因)を熱(縁)すると、お湯(結果)になる・・みたいなこと。

悪い事すれば悪い事が返ってくる。・・・因縁因果。

何一つ自分だけの力では生きていけない・・・ってことでしょうか。

すべて、縁によって生かされたり、生かしたり・・・。

良い因は良い事の種です。・・・良きも悪しきも自業自得。

それなりの人生はそれなりに・・・:**:

 
2009年04月24日 19時20分

私は日頃、へたくそなりに音楽をやっておりますが、練習の時など

には色んな音に出会います。・・雑音に近いって?・・・:ase:

音には不思議な力が宿ると言われています。

いろんなものから色んな波動の音が出ています。

もちろん人間も声(言葉)という音を発します。(言霊)

いろんな音のなかには聖なる音やパワーがある音、癒される音、

逆に人を不快にしたり病気にしたりする音もあります。

今回ご紹介する癒しグッズは「エネルギーチャイム」といって

何のへんてつもない只の金属の棒ですが、それを打くと

大変気持ちの良い音が出てその音の波(うねり)が

心身をやさしく撫でてくれます。

null



また少し強く打くと瞬時に室内全体を凛とした雰囲気に変えてくれます。

なにかこの材質(製法特許がある)に秘密がありそうです。

音はE(ミ)でウンチクをたれるならば、このEの音は第3チャクラ

別名太陽チャクラといわれる胃の位置にあるチャクラの音と云われ

ていて、そこには人間のパワーの源があるといわれています。:sun1:

そこに同調してパワーアップするのでしようね。

名前もエネルギーチャイムですから。

ちなみに私はパワーストーンのエネルギー回復と

室内浄化に使用しています。:**:

 
2009年04月19日 10時30分

一昨日より、お大師祭りが行われています。

最近は、お大師祭りには、お参りには行っていません。

子供が小さいころには、お祭りに行って出店で色々買い物を

したり、遊んだりして楽しかったですが・・・・。

お大師さん、といえば弘法大師空海のことで、

高野山真言宗の開祖といわれています。

真言宗は天台宗(開祖・・最澄)とならび密教の教えです。

仏教の教えには顕教と密教とに大きく分けられます。

顕教は、簡単にいえば知識の教え、それに対して密教は心身の教え

つまり、文章や言葉では言い表せない心身で得とくしていく教え

なのです。顕密両方を修して初めて悟りにいたるとされます。

私も、だいぶ以前になりますが真言密教の門をただいたことがあり

今も心の中では密教の精神は生き続けています。変化はしましたが・・

密教の修法で使用される法具です:arwbottom:


null





金剛鈴、五鈷杵、ヒマラヤ水晶の五鈷杵、ティンシャです。

 
2009年04月12日 10時21分

今日は、チベットの小さいシンバルのような楽器?をご紹介しましょう。

以前、アジアの民芸品を取り扱う店に行った時に購入したものです。

null





「ティンシャ」とよばれ、もともとチベット密教において、龍神を呼ぶ際に

使われるそうです。中心には結界を張る道具「カツマ」をあしらい、

その周りには陰陽を表す二体の龍が描かれています。

種類も数多くあります。

シンバルのようにベルを合わして音をだしたり、摺り合わせて

音をだしたり、上の写真のような持ち方でベルの辺どうしを

当て合って音を出したりします。

両方のベルの、わずかに違う振動数が何ともいえない心地よい

“うなり”を発生させます。

一度、この音を聞いたら病みつきになること、請け合いですよ。:-P

 
2009年04月09日 18時13分

私は子供のころから妖怪や物の怪のたぐいに大変興味がありました。
実は、今でも「ゲゲゲの鬼太郎」の大ファンなんです。
店の相談カウンターには鬼太郎ファミリーを飾っています。:ase:

null



だいぶ以前のテレビで西米良村の「かりこ坊」という妖怪をテーマに
した番組がありました。実際に山で仕事をされている人と同行して
「かりこ坊」らしき声を収録していました。

 

村人いわく、かりこ坊は山の神でもあるとのこと。
・・・ある人が山道を歩いていたら、つむじ風のような空気の塊が
シャーシャー響きながら川に飛び込んだ。
かりこ坊は山で山の神、川に入って水の神に変神したのかなぁ。

姿は見せませんでしたが、あれが鳴き声か・・・うん?・・鳥の声の
ようにも聞こえましたが、地元の人には区別がつくようでした。

宮崎には「ガラッパ」「ヒョウスンボ」などの妖怪の伝説があるようです。
・・・ガラッパやヒョウスボは、秋に山に登り、春に川に下る。
いたずら好きで、人に相撲を挑んだり、馬を川に引いたりする。・・・

高度成長期以降、急速に私たちの周囲から消え去っていった河童
や天狗、鬼、あるいは不思議な能力をもった狐や狸、蛇、猫といった
動物たち——昔の人はこれらを「もののけ」とか「化け物」、
「変化・魔性の物」などと呼んで恐れていました。
そのようにして人と自然とが調和していたのだと思います。
しかし、今は自然破壊によって妖怪たちも居場所が無くなり絶滅に
瀕しているのでしょうね。:|
何か寂しいですね・・・・人間に対する警告なのかもしれません。

 

 
2009年04月06日 19時01分

昨日の日曜日、少し時間があったので近所の以前より気になる神社

にお参りに行きました。というのも、うちに出入りの業者さんが昔、天下

に住んでいて『天下神社』(アモリジンジャ)でよく遊んだそうで、最近久々

に神社の前を通りかかり、お参りしたそです。彼いわく「大変な神さん

が祭られていますよ・・・先生(私のこと)だったらきっと解るはず、

いってみてん!」と言っていたのを思い出して、この機会にお参り

してきました。

null



資料によりますと・・・・
天下神社は上ノ原と呼ばれる丘陵の上にあり、この上ノ原丘陵には
天下神社境内にある南方古墳群の一号墳、二号墳を含めて九基の
古墳が点在しています。

一号墳は、全長71mの柄鏡式前方後円墳で、今日まで発掘調査は
されておらず、内部は不明。

一号墳の東約30mに位置する二号墳は、径25m、高さ4.1mの円墳で
封土の一部を失っており、石室の一部と思われる巨石が露出していて、
明らかに石を割るために打込んだと見られる楔痕が斜めに続いている
のが見えます。

天下神社は一号墳と残された二号墳との間30mに建っていることに
なりますが、神社を建てるために二号墳を解体しようとしたのか、
それとも、誰かが破壊しようとして途中で中止した二号墳を祀るために
神社を建てたのかはわかりません。



現地の天下世話人会がたてた由緒書きには
【言ひ伝えによりますと、村の人々が神社の建設の際山を切り取った
時に石が出て来たので石工が神社の石段として割り出さうとした
ところ頭上に多くのカラスが舞い下りて仕事をとめるように鳴き散らし
又仕事にたずさわっていた人々が倒れる等した為割ってはならない石
であらうと言うことで作業を取り止め現在に至ったものであります。】

また【この古墳は高さ二米八○、直径東西二十六米五○、南北十二米、
の大きさで、大正十二年十一月十六日、元延岡城主内藤家の協力にて
考古学者石塚直太郎博士と村上兄一氏が東京より招聘され調査の
結果、ご神体はニニギノミコトの塚であると今日まで伝えられ
ています。】と続いています。



天下神社の境内にある南方古墳群の一号墳、二号墳のある場所は、
霊的な感覚に鈍感な人でも、何かを感じさせる雰囲気があります。
何か背筋がゾクゾクする感覚に陥りました。



二号墳の脇の立て看板に「この場所の土を外へ持ち出すとどんな
たたりがあるかわからないので、けっして土を持ち出してはならぬ」
という趣旨のことが書かれていました。



境内の中は、ただならぬ雰囲気に包まれていて、興味本位で
行くところではないなぁと痛切に感じさせられました。

このニニギノミコトの塚だとすれば本当に大変なことになります。
なにせ天皇家ご先祖で、一番最初に地上に降り立った神
だからです。天皇家の方々が、そのうち御参りにこられるかも
しれませんね。・・・高千穂:arwright:延岡:arwright:日向:arwright:奈良
と古代の歴史は移り変わっていきました。

天下町の由来も“てんか”ではなく
天から降りる(あまからおりる)・・・・あまおり・・・あもり・・・:!!:

ちなみにニニギノミコトは神武天皇の曽祖父にあたる方です。

延岡ってスゴイとこかもしれませんね・・・・:**:

 
2009年04月04日 18時32分

最近、土日は天気悪いですね~・・・:|

明日は天気予報では、くもりということですが、みなさんは

どうされますか。

さて、今日は以前、漢方的な雰囲気を出そうと購入した風水盤の

紹介です。

今も店に飾っていますが、色んな使い道がありました。

:arwbottom:風水師がを占う時になくてはならないのが、この風水盤(羅盤)です。

null
                 サイズ: 一辺 19cmの正方形


風水の基本原理は、「陰陽、五行(火、土、金、水、木)方位」に基づき

理想の環境を作りだすという自然科学です。

風水盤には、五行、八卦、天干、地支、星曜、節気など、星の動きや

エネルギーの結合といった、あらゆる宇宙現象や自然現象についての

データがつまっています。そして、風水師は風水盤を使って、

目に見えない気の流れやエネルギーを読み取り、その土地や

方角などの吉凶を判断し、住環境やビジネス環境を整えます。

また風水盤には、地場の乱れたエネルギーを調整して

気を安定させる効果があるとされています。

風水盤を室内に置くと、建物に存在する欠点や邪気の侵入を防ぎ、

方位における気の乱れが解消され、陰陽の働きが活発になり、

平安が保たれると言われています。
 

置いておくだけでいい・・・・って、ホントかなぁ~:ase:

ちなみに漢方の考え方も、この風水(陰陽五行説)から出ています。


 
2009年03月25日 15時56分

♪一日一杯のシジミ汁、ミネラル鉄分カルシューム~♪
私の一日はNHKの朝の連ドラ「だんだん」から始まります。

null

このドラマは島根のシジミ漁師の双子の姉妹が主人公で
人々の数奇なめぐり会いがテーマになっています。

null

この中で主人公がよく歌う曲に「しじみ汁」の歌があります。
私はこの、しじみ汁が大好物で疲れた時には特に美味しく
感じます。しじみは漢字で蜆と書きます。

しじみは手ごろな値段で買え、味噌汁にするといいダシが
でます。また大変美味しいだけでなく
「しじみは黄疸に効く」「しじみは酒飲みの薬になる」と
言い伝えられてきたように、しじみが肝臓に良いという話は
広く信じられてきました。確かに栄養学的にも肝臓に
必要なタンパク質やミネラルがことのほか豊富で弱った
肝臓の回復には持って来いの食材と言えます。

牡蠣(かき)などにも同じことがいえます。

やはり、しじみ汁が美味しいと思うときは肝臓が疲れている
証拠になるようです。

今朝の、このドラマのなかで若い医者が離島での医療につ
いての葛藤を語る場面がありました。

患者さんの死ぬのを何もせずに待つのですか・・・?
待つのではなく、患者さんと共に生ききるのだと・・・。
なかなか、いいことを言うなぁと感心して見ていました。

人間は、生かされている事をアタリマエにしてしまって
少しの他人との違いで悩み苦しむ事があります。

天文学的にみても未だに宇宙は不毛な天体ばかりです。
この奇跡中の奇跡の地球が存在し、しかも今、
そこで自分が「生きている」。
生きているだけで、9割以上の幸運をつかんでいるのです。

貧乏、病弱、失業中・・これらは必ず変化し変わるものです。
コロコロと変わるので幻かも知れません。

変わる幻が、9割以上の幸福を忘れさせます。
とにかく、生きていれば良いのです。
例えベッドから動けなくても、生きてさえいれば
「一つの宇宙」が、そこに在るのです。

人間は直ぐに、この幻に負かされてしまいます。

だから「生きているだけで有難い」と、いつも想い起こす
ことが大事なのです。

全ては、そもそも「生きている上」での事だと、大きな視点に
心を戻してくれます。

既に与えられている大きな幸福を思い出させてくれます。



 
| Next»