<   2018-11   >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

天岩戸神社「東本宮」・・・

2009年05月24日 19時23分

今日は、天岩戸神社のご紹介です。みなさんも一度はお参りされた

神社だとは思いますが、私は同じ天岩戸神社でも「東本宮」に光れます。

null



天岩戸神社「東本宮」・・・・ご祭神「天照皇大神」 

天岩戸神社は岩戸川を挟んだ両岸に東宮と西宮があります。

ここ東宮は訪れる方が少なく、ご神職も西宮に常駐されていること

もありまして、少々寂しい感じのするところです。

樹齢数百年のご神木の中にあり、緑豊かで、さわやかな風の中にある

る東宮は、まさに、自然の中のお社というにふさわしいところです。



石段を登りながら目上にあるご神殿を臨みますと、まるで光の輝きが

舞い降りてきて、私たちを暖かく誘ってくれるような、そんな不思議な

感覚を覚えるところです。





鳥居を抜け、ご神殿の裏手へ進みますと、ご神水が湧き出るご神木

を拝することができます。



ご神木の根元から湧き出す不思議なご神水です。

口に含みますと、なんともいえない甘い香りがいたしました。

含んだ瞬間、気が遠くなり、倒れそうになりました。

ほのかにご神木の全体から、華やかな気が放たれています。

こういった気が、まさに「龍神様の神気」というものなのでしょう。

このような、ご神気に満ちた場所を写真で撮ると、いつもピントが

ぼけます。オートフォーカスなのに・・・不思議です。

このご神水の沸き出でるご神木の左手に、「七本杉」というご神木

があります。

天岩戸伝説において天照大神様がお隠れになったとされる、

天岩戸神域が、この東宮社殿の裏手断崖の中腹ほどにあります。

西宮は、天岩戸川を挟んでここ、東宮の対岸にあり、この東宮の

社殿裏「天岩戸の神域」を直拝できる格好にあります。

七本杉は、ここから約100Mほどのところにあり、樹齢600百年余

りの樹根の繋がった七本の杉の木であり、天岩戸神域を護るように

そびえ立っていると言われます。

体系保全のため、立ち入り禁止区域となります。

「天岩戸東宮」は「東本宮」といわれ、天岩戸伝説でお隠れになった

天照大神様が岩戸よりお出ましの際、思兼尊様が大神様の御手を取り、

この東本宮の土地にお鎮まり願ったとされます。

ここ東本宮は、直接的に大神様の息吹に触れ、ご加護をいただくために

大変貴重な場所でもあります。

日頃は西宮へのお参りが多いのですが、ぜひこちらの東本宮へ最初に

お参りいただきまして、ご神水をいただかれてください。

コメント

コメントはありません

この記事へのコメント



プレビュー